不動産売却を検討中の方必見!初めての売却でも失敗しないポイントなどを解説

このサイトでは、不動産売却を検討中し始めた時に知っておいた方が良い情報を掲載しています。
初めての売却でも失敗しないためのポイントを解説していますので、事前にしっかりと情報を把握しておきたいところです。
ほかにも売却時に発生する費用に関して詳細に説明していますし、取引が成立した際には確定申告が必要かについても述べています。
これらの情報を知らずに手続きを始めるのはリスクが大きいので、避けなければなりません。

不動産売却を検討中の方必見!初めての売却でも失敗しないポイントなどを解説

初めての不動産売却でも失敗しないために、まずは不動産会社の選び方から学ぶ必要があります。
基本的には親身になって話を聞いてくれて、売り主の希望にそえるようにできるだけ高く打ってくれるところがお勧めです。
タイミング等の不動産会社でなければわからない部分があり、不動産売却では適切なタイミングで売却活動を行うことが重要だとされています。
幅広い助言をしてくれて、なおかつ質問をした時にはすぐに答えてくれるようなところが理想的です。

不動産売却の依頼先の選び方とは?

不動産売却の依頼先の選び方としては、まず各不動産会社にはそれぞれ得意分野と不得意分野があることを理解する必要があります。
主に賃貸を扱う会社と売買を扱う会社では業務内容やスタッフのスキルに違いが存在します。
不動産売却には専門的な知識やノウハウが必要になるため、主に賃貸を扱う会社に依頼しても買主を見つけられないことがあります。
なるべく早く確実に売却したいのであれば主に売買を扱っている会社を選ぶことが大切です。
大手の不動産会社の特徴を知ることも物件を売却する上で重要になります。
資金力が豊富な大手の不動産会社は新聞広告やインターネット、雑誌やテレビCMなどで効果的な情報発信を行うことができます。
一般的な不動産会社より多くの人びとに物件の情報を知ってもらえるので、好条件で売却できる可能性があります。
一方で地元に密着した不動産会社には、地域の特性や顧客情報に熟知しておりきめ細かなサービスが受けられるというメリットが存在します。

不動産売却をした年の固定資産税は売主と買主のどちらが支払う?

不動産などの固定資産を所有している場合、毎年固定資産税を納める必要があります。
課税義務が生じるのは、その年の1月1日に固定資産を所有している者で、次の年度となる4月1日から翌年3月31までが課税期間となります。
そのため、不動産売却を行った後の固定資産税は原則として売主が支払わなければなりません。
しかし、それでは不動産売却を行った売主は不動産を所有していない期間分の税金も支払うことになってしまうので、1年分の税金を売主と買主の両者で負担するのが一般的です。
ただし、売主と買主の両者で支払うことは法律で定められているわけではないので、売り手として買い手にも税金を負担してもらいたいのであれば、不動産売買契約書にその旨を記載しておく必要があります。
また、売り手と買い手の負担割合は、起算日をいつにするかで変わってきます。
起算日は、双方の合意があればいつに設定しても問題ありませんが、関東では1月1日、関西では4月1日に設定するのが一般的です。
なお、1年分の税金を双方が負担する場合、日割り計算した金額を事前に買主から受け取っておき、売主が納める必要があります。

不動産売却の大まかな流れを把握しておこう

不動産売却の流れは、査定を依頼する宅地建物取引業者を探すところから始まります。
できるだけ良い条件で不動産売却をしたいのであれば、複数の業者に査定を依頼することが不可欠です。
業者を決めたら媒介契約を締結し、販売条件などの打ち合わせを行って、業者に販売活動をしてもらって購入希望者があらわれるのを待ちます。
3ヶ月以内で期間が設定される媒介契約の期間中に不動産を買いたい人があらわれなかったら契約は解除となり、仲介を依頼する業者を決めるところからやり直しとなります。
購入希望者があらわれたら、売主は仲介業者をまじえて三者で売買契約締結にむけた交渉に入ります。
条件がまとまれば、売買契約書に売主と買主の双方が記名押印をします。
これで取引は成立となり、後日引き渡しの手続きが終われば、完全に物件は買主のものとなります。
引き渡しの手続きを行う日は、取引金融機関に当事者や司法書士が集まり、残代金の決済や必要書類の引き渡しなどが行われていきます。
売主は、引き渡しをする日までに登録住所や建物内の物品をすべて新居に移しておく必要があります。

不動産売却を依頼する際に締結する媒介契約とは?

不動産売却における媒介契約とは、売主が宅地建物取引業者に取引の仲介を求める場合に締結する契約のことを指します。
ルールは宅地建物取引業法などで規定されており、宅建業者はこの契約を締結することにより、対象の不動産の営業活動や、取引成立後の仲介手数料の請求・受領が可能になります。
契約期間は最大3ヶ月で、その間に取引が成立できない場合は再度同じ業者と契約を締結することで、引き続き仲介してもらうことができます。
媒介契約には、「一般」、「専任」、「専属専任」の3種類があります。
一般媒介は同時に複数の宅建業者に依頼可能で、自分で買主を見つけることも認められていますが、依頼者への販売活動の経過報告義務は無く、指定流通機構への物件情報の登録義務もありません。
他の2種類は、一度契約を結ぶと解約になるまでは他の宅建業者に依頼できず、専属専任に関しては自分で買主を探すこともできませんが、物件情報は指定流通機構に登録され、営業活動の経過報告も定期的に受けられます。
不動産売却でどの媒介方法を選ぶかは売主の自由ですが、専任もしくは専属専任を選んだ方が力を入れて営業活動をしてくれるといわれています。

不動産売却に関する情報サイト
初めての不動産売却でも失敗しないポイント

このサイトでは、不動産売却を検討中し始めた時に知っておいた方が良い情報を掲載しています。初めての売却でも失敗しないためのポイントを解説していますので、事前にしっかりと情報を把握しておきたいところです。ほかにも売却時に発生する費用に関して詳細に説明していますし、取引が成立した際には確定申告が必要かについても述べています。これらの情報を知らずに手続きを始めるのはリスクが大きいので、避けなければなりません。

Search