不動産売却時に発生する費用を押さえておこう

不動産売却時に発生する費用を押さえておこう

不動産売却時には仲介手数料や印紙代、登記・抵当権抹消費用の他に住宅ローン手数料や引っ越し代金などが必要になります。
仲介手数料は不動産売却の仲介を行った不動産会社に支払うもので営業活動に対する成功報酬です。
この手数料は取引が成立したときに支払います。
一般的には売買の仲介契約を締結したときに支払われます。
売買契約の締結時に半額を支払って買主に物件を引き渡すときに残りの半額を支払うのが基本的な方法です。
法律で定められている仲介手数料は売買価格が200万円以下と200万円超から400万円以下、400万円超で異なります。
例えば200万円以下の部分は売却代金の5%に消費税がかかります。
ただし法律で定められているのでは上限であり、下限はないため不動産会社が自由に設定可能です。
印紙代は契約金額によって異なり、平成26年4月1日から令和4年3月31日までに作成される契約書には軽減税率が適用されます。
他にも不動産売却には登記・抵当権抹消費用などがかかるので事前に確かめておく必要があります。

不動産売却に伴う費用を安くするコツ

不動産を売却する場合、仲介手数料や印紙税など様々な費用が発生しますが、ポイントを押さえておくことで安く抑えることが可能です。
不動産売却に伴う費用を安くするコツとしては、まず仲介手数料の値引き交渉を行うことが挙げられます。
仲介手数料は不動産売却に伴う費用の中で最も多くの割合を占めるのが一般的ですが、この手数料は宅地建物取引業法によって上限額は定められているものの、下限額については制限されていません。
そのため、不動産会社との交渉次第では値引きしてもらえる可能性があります。
例えば、専任媒介契約を結ぶことや、住み替え先購入の仲介も依頼することなどを条件にすることで、交渉の成功率を高めることができます。
また、「3000万円特別控除」や「10年超所有軽減税率の特例」といった控除や特例を利用すると、不動産売却をした際に発生する税金を軽減することが可能です。
これらの控除・特例を利用するには一定の条件を満たしている必要がありますが、利用できれば売却に伴う出費を大幅に抑えられます。

不動産売却に関する情報サイト
初めての不動産売却でも失敗しないポイント

このサイトでは、不動産売却を検討中し始めた時に知っておいた方が良い情報を掲載しています。初めての売却でも失敗しないためのポイントを解説していますので、事前にしっかりと情報を把握しておきたいところです。ほかにも売却時に発生する費用に関して詳細に説明していますし、取引が成立した際には確定申告が必要かについても述べています。これらの情報を知らずに手続きを始めるのはリスクが大きいので、避けなければなりません。

Search