不動産売却を行った場合は確定申告が必要?

不動産売却を行った場合は確定申告が必要?

不動産売却をした結果、売却益が発生した場合、譲渡所得税を納める必要があります。
売却益とは、不動産売却で得た収入から、売却した不動産を取得した際の費用や売却に要した諸費用を差し引いた際に、プラスになった場合の利益のことを指します。
売却益は課税譲渡所得に区分されており、売却益に応じた譲渡所得税を支払う必要があるため、売却益が発生した場合は確定申告が必要です。
一方で、売却益が発生しなかった場合は申告の必要はありませんが、不動産売却で損失が出た場合は損益通算を利用できる可能性があります。
損益通算とは、赤字となった所得を他の黒字の所得と相殺することで、所得税を軽減できる制度のことを指します。
この損益通算の手続きには還付申告が必要なので、税金を払い戻しを受けるための確定申告が必要です。
また、売却した年の所得では赤字を相殺できない場合は、翌年以降の最大3年間にわたって損失を繰り越して差し引ける繰越控除を申請することもできます。
なお、損益通算を利用するには、一定の条件を満たしている必要があり、不動産売却で損失が出たすべてのケースで利用できるわけではないので注意が必要です。

不動産売却のときの控除や特例についてのいろいろ

家や土地などの不動産売却を考えている人は税金の控除や特例を頭に入れておいてください。
これらは大きな買い物ですから売る方も買う方も慎重に考えていくことが大切です。
失敗してしまうと、なにもかもの資産をパーにすることもありえますからなのです。
どのように選ぶべきか、なかなか難しいものです。
不動産売却は大金がいろいろな方向へ向かうとしているからなのでうす。
そのへんをしっかりキャッチしておけば、取りこぼすことがないからです。
価値ある資産ですからあせらずに、将来を見つめて計画を立ててください。
そうすることで自分の手元にのこるお金がおどろくほど大きくなるでしょう。
そうすることで生きがいを見出していくのです。
モチベーションアップにつながり、お金を貯める魅力さが再び注目されるようになりました。
自分の資産価値は自分だけが知るのであり、他人に教えないからそのことが魅力あるのです。
楽しく生きることが生きがいでもあるのです。

不動産売却に関する情報サイト
初めての不動産売却でも失敗しないポイント

このサイトでは、不動産売却を検討中し始めた時に知っておいた方が良い情報を掲載しています。初めての売却でも失敗しないためのポイントを解説していますので、事前にしっかりと情報を把握しておきたいところです。ほかにも売却時に発生する費用に関して詳細に説明していますし、取引が成立した際には確定申告が必要かについても述べています。これらの情報を知らずに手続きを始めるのはリスクが大きいので、避けなければなりません。

Search